夏の真ん中
淀川沿いで酔っ払いながら花火みてワインの瓶を割って
実家から送られてきたおいしいワインは河川敷に流れ、幸いそれは人混みのなかの誰にも迷惑をかけることはなかったし、
私は笑って、新しいワインを買いにいかせた
花火は延々上がり続けて、
私は以前なら飽きちゃう1時間ちょっとの眺めるばかりの時間がふと当たり前のように過ぎたことに
自分が変化していってるのを感じる
派手に上がったらぱっと消える
わー、ていう歓声と子供の声
そわそわした夏のいいところをぜんぶ持ってる
額が汗ばんでるのをかんじながら、特別な季節なんだっておもう瞬間
ひとりの時間
夏の朝凪のいろは驚くほど鮮やか



蝉が鳴き止む
東京から来た女の子はパリ帰りでラデュレの紅茶をくれた
ピンクの箱に入ったマリーアントワネットと名付けられた紅茶は花の匂いがしてコーヒーとはちがう解れていくのがわかる
滅多に怒らないわたしが怒って、そのままにするなんて奇特な夜
翌朝仲違いの理由を正した
単純に生きることの難しさに直面し続けてる
朝高架下のケーキ屋さんがシャッターを上げショウケースに出来上がった商品を綺麗な手付きで並べているのを見ながら階段をのぼるとき、あんな風に丁寧に生きたいとおもう
自分がどんどん変わっていく
そのたび思い出す



秋のはじまり
窓を開けると阪急電車が走っているのが見えて慌しい
みんな行く先々があるのかとおもうと生活の数にくらくらしてくる
私にもまた行く先がある
電車の中ではいつも考えてる
車窓からはちらっと前の家がみえて、
解れてない色々とまだ向き合わなきゃいけない
ひねもす悩み揺らぎ続けたあとに出る単純明快な予感と答えを待ってる
電話に出たら泣いて会いたいと喚いてしまいそうで出られなかった
近所の居酒屋はいつもがやがやしていて、店に入ると「おかえりー」って挨拶する




夜長
母に会って意識の粒つぶは拡散、もうしばらく会うべきじゃない人なのかもしれないという予感が
こんなにもはっきりする悲しさ
私は求めていたものがあった
もし、に囚われすぎている
調子の悪さ続いて9月はいつも本当にクソ
何かしているとふと心に死という概念が浮かんで消える
パパは心配して会いにくる
水族館に行って、もう少しこどものままでいたいとおもう、身体はいくらおとなになっても
「なによりもだいじだ」
私はその愛にどう応えよう



秋が終る頃にはきっと少し事は終る
なんとなくはっきりすることも増えるとおもう
わからなくていいこともわからないまましまうこともちゃんとやり方がわかってくるはず



冬が深くなれば多分取り戻す頃だとおもう
何年か自分をやってきたからなんとなくわかる
その間を数知れぬ人に助けられるんだとおもう
感じることを感じ続けるしかない
毎日を過ごして話し続け考え続ける
ふと軽くなって、ぐるぐる巻いたマフラーに埋れながら、これでいいんだとどこかで思う
そのときはきっともう1人ではない
孤独であることと孤立して生きることは違う
子供が欲しいって思ったのは、それが偶然を必然に変える大きな変化で私には唯一の方法と思ったから
点々と広がる光は偶然と必然との間で点いたり消えたりしながら
私はいつかひとつを守り続ける
誰かとどっかで、それは途方もないような気がするけど、案外君だって私だって簡単にできることだとおもう
もういちど寄りかからないで愛することが大人になるってことなら
もう少し時間と考えが纏まって
春には春らしくなにかはじめたい

母に会った。あからさまに調子崩す。

彼女を目の前に考えることは散り散りになってしまうし自分にとって母の不在、それは物質的にというよりは精神的にであるところが大きいとおもうけれど、結局のところそれを超えてゆかないと、もう会わない方がいいと、こんなにもはっきりするとは思わなんだ。もしあのとき、愛してるから一緒にいようよ、もう淋しい思いはさせないよ、絶対に守るよと言ってくれていたら、いまどんな風に過ごしていたのかと向き合っていたのかとおもう。たまに。ふと、そのチャンスは私にしかなかったと、たまに。

意識の粒つぶを拾い集めても、1人でしか作れないものは無いっておもうから、しかし今はそうするしかなくて、気を紛らしてまいにちひとつひとつやってるだけで、ほんとうは、私がなにもできなくなっても、どんな私でも、私が助けてあげるお得意のアレじゃなく、誰かにしてもらわないといけないってわかるけど、やり方がわかんないし意味も伝わりきるのかと、時間なんか早く経てばいい。

平穏でおだやかでふと途切れ途切れに進んでいく毎日に必死で夏が終わる。大嫌いな9月も半分過ぎる。秋が終わるまで生きていたい。冬がきたら、きっともう少しは、なにか見えてくるのかしら。愚問。先のことはなにもわからなくても、今のことならたしかだから、そうするしかないのよ

がんばだわたし、そして大バカのきみたち!

1ヶ月、突然自分が長い間どれほどの寵愛をうけていたのかがわかって
それを手放し失ったことがやっとはっきりして
そうするしかなかったんだけど
風呂んなかで声出して泣いた

八月だ。音楽が鳴り止んで、人生が始まる、その不可抗の予感。残された夏と遊ぼう。終わりが始まって、始まりが終わる。ほんとうにそうやって時間は流れ積み重なって二度と戻りはしないなんて知らなかったもん。でも私の頭んなかはどんなに遠く宇宙の果ての暗闇も、どんなに目の前ときに見失うほど近くにあるものの細胞のなかのひとつひとつにも、過去へも未来へも時間軸も超えてどこへでも志向していけるってそういうこと、どうせ感覚の人。
先ず一人で立つこと、歪ませないこと、正直でいること、自分らしさを厳選すること、それを大事に残すこと、見失わないこと、任せること、逃げないこと、受け入れること、向き合うこと
暫くは模索、インプットよりもアウトプットのほうが多くなり私は喋り続ける。今はべらべらといまは多すぎたっていい、そうして自然と何度も反復し続ける何かが私のほんとの、いいたいこと、きっといろんなことがクリアーになって確かになっていく。その猶予期間の夏を、忘れ得ぬひと夏を過ごしたらきっと秋がきて冬が来る。考え続けることはやめない、だけど感覚は感覚で確かだからあるところで諦めて、喋り続ける。
何も知らないし他人に不寛容なひとにはどう映るのかもそれが要するに世間一般の「あたりまえ」だってことも学んだ。
人生は岐路だらけだし不確かなことだらけ、うまくできないことだらけだし、抗えないことだらけ。しかし鞄を捨てて私の旅は続く。投げ捨てて裸足で、もう一度列車に飛び乗った列車の行く先など知ったことではないし何処だっていい。おそらく人生で自分でしたはじめての決断。よくここまで行き付いたとほめたげたいくらい!
いやいやううん、本当は理解と愛情に感謝してる。

スピード離婚が成立

結局は私がこころをひらけなかっただけなんだろう。

最初で最後の大泣き。ほんとのほんとのところの弱さを自分で認めてからが強さのはじまり。
しなやかに、強くなるために、ひとつひとつやっていくよ。

何からどう書いたらいいのか分からないけど、紙に書き出したって人と何処までおしゃべりをしたってキーパンチしてなかったなって、絡まった紐を解くような作業を続けて続けて、解けてきた紐を何処に仕舞っておこう。
別れの意味など知らずに今まで生きてきていたことにすら気が付かず、はじめてその感覚や姿がはっきりとして、私は大人になるんだろうか。ずっと子供でいられたのは、なんにせよ彼のおかげだ。怖い、そう思う私を引き裂くようにそうすべきだそうするしかないのだという予感が働いて、後生遭わないだなんて、やっぱり片足が無くなったみたいで、本当に一部だったのだと、それは私も同じなの。
痕跡なんてそう簡単に消せるものじゃないだろう。物なんか全部捨てればいい、けれど、例えば唇の潤いや涙の跡や笑顔も温度も、ふとした天候の似かよりや物音によって、白い壁を見つめたまま、ドアの影からそっと隠れ出てくるだろう。だから私は全然違う方法で、信じることをやめない。何も歪ませないで。どんなに私が頑なで我儘な決断をしたとしても、ボタンを押してデリートなんて、はじめから出来っこないのだから、あるべき場所にあるべきようにしまっておくつもりだ。
あれもこれも欲しいんじゃない。ひとつだけでいい。だからそうする。
意識の粒々は拡散していく。それを拾い集めて、言葉を取り戻さなくちゃいけない。書き続けるのは、私にとって言葉だけが、対立する二つのもの、純粋さと社会性、生と死、喜びと悲しみ、まるまる引き受ける為の唯一の道具だからだ。
物語が終わるにせよ、あんなに美しく無邪気なことは二度と無いだろうし、なんて計り知れないほどの感謝だって後悔だって憎しみだって楽しさだってずっと憶えている。どんな未来にせよ、信じてるし捨てはしない。いつかまた物語の渦中で、全然違う形で線が交差するまで、私は私らしく生きていかなきゃならないし、どんなに酷く澱んだって変わらず生きるだろうと疑わずに信じる強さが必要だ。迷ったり方位を見失ったら、教わったことをあったことを思い出せるように、お互いがそうあれるとは思わないけれど、私はそうすべきだ。

信じられませんが終わった人生はまた始まってゆく。歩くんだ、今まで通り躓いて泣き喚いて振り回されて転びながらでも、軽々しく。

まだわからないこと